お金があれば会社をおこすことは出来ます。
しかし、コミニュケーション能力がなければ、人を育てることも
マーケットを開拓することも出来ません。
なぜならば、仕事をする=対人関係は切っても切れないからです。

ホストクラブは、そういった能力を向上してくれる場所です。
人間を成長させてくれる場所だと我々は自負しています。
『人間力UP=夢を掴む』事だと!

しかし、今や全国各地の繁華街にホストクラブが存在する中、
選んではいけない!悪い印象を与えるホストクラブがあります。

 ・怖い
 ・辞めれない
 ・暴力
 ・モラルに欠けている
 ・ダラダラと営業をしている
 ・違法営業
 ・強制キャッチ

ホストは全ての若者にチャンスある職業ですが、
上記のような店舗で働くと稼げないだけではなく、 若い間の大事な時間や、心の健康までもが奪われてしまいます。
ホストクラブで働く上で最も重要なお店選びをどのように見極めるかを下記で紹介していきます。



ではどのような店舗を選べばいいのでしょうか?
良いお店というのは人の好みなどによって大きく変わってきますので、
一概に「こんな店舗がいい!」とは言えません。
ここでは、お店選びを失敗しない為に、選んではいけない店舗の例をご紹介します。


■新規(フリー)の客が少ない
ヒマなお店には新規のお客様が入って来ません。

新規客というのは口コミ・紹介、
あるいはサイトや雑誌などを見て初めて
お店に来店していただいたお客様のことをいいます。

その新規客が少ないということは、
お客様をつかむ、売上げを上げることが
難しくなるということです。

ヒマなお店は営業時間中に外に出てビラ配り、キャッチなどをします。
ですがこのビラ配り・キャッチ等の行為は法律により禁止されていますので
やってはいけない行為なのです。

そもそも営業時間中に外に出ていくということはそれだけお店が流行っていない、
集客が悪いお店ということです。

面接や体験入店の時にスタッフ数と出勤人数を聞き、
少ない理由で「外に出ている」や、はぐらかされるなどがあれば要注意です。


■スタッフが少ない
スタッフが少ない店舗には様々なトラブルがつきものです。

中には競争相手が少ないなどのメリットもあるかもしれませんが
それ以上のデメリットやリスクがあります。

例えばスタッフが少ないと辞めたい時に辞められない退店トラブルの原因にもなります。

そして違法キャッチ行為などを含めたあまりにも長い勤務時間を
行っている店舗もあります。

中には例外もありますが、働いているスタッフが少ない=働きにくい環境
だと思って間違いないでしょう。


■暴力やあまりにも高額な罰金がある
今だに面接に来られる方には暴力はありますか?
罰金はすごいんですか?と不安がられる方も多くいます。

先輩スタッフからの暴力や飲めないお酒の強要などを行っている店舗も
少なからず存在しています。

また理不尽な罰金を押しつけられたり、
高額な未収金をスタッフにさせるだけさせて罰金をつくってしまうケースもあります。


■時間外営業を行っている
風俗営業法によりAM1:00〜日の出まではホストクラブの営業を行ってはいけません。

この時間内に営業をしている店舗は、違法営業にあたります。

このような店舗は違法として摘発され、営業停止などにより、
スタッフの職を失う危険を伴います。



上記の様なホストクラブは今でも多く存在しています。
その為「ホストクラブ=稼げない、働きにくい」という悪いイメージが広まっています。

本来ホストクラブとは冒頭でもお伝えした様に、
「どんな若者にもチャンス」があり、「夢を掴む場所」であり、
「人間を成長させてくれる場所」であるにもかかわらず、
大半の人がこの悪いイメージのせいで挑戦する前に断念しています。

この様な現状を変える事に私達KISEKIは取り組んでいます。

KISEKIではこの5つを掲げ「働きやすい=稼ぎやすい」環境の整備に
力を注ぎその他にも多くの取り組みを行っています。

是非一度自分の目で確認してみてください!
ご相談も専門スタッフが丁寧にお答えいたします。
ご相談は下記ダイヤル、メール、LINEなどからお待ちしています。









LINE
トップへ戻る